学生と治療について話し合うフィジオ

IFSPTスポーツ理学療法のコンピテンシーとスタンダード

スポーツ・フィジカル・セラピーは、2000年にIFSPTが設立されて以来、さらに推進され発展してきた公認の専門分野です。欧州連合が資金提供した「すべての人のためのスポーツ理学療法(SPA)」プロジェクトでは、スポーツ理学療法の専門家に求められる能力と基準を開発しました。コンピテンシーステートメントは、効果的なプロフェッショナルとしての行動を記述し、この特定の状況下での実践のための特定の知識、スキル、態度を統合しています。これらのコンピテンシーは、政策開発の基礎となり、品質保証活動を可能にし、個人の専門能力開発を促進します。

 

スポーツ・フィジカル・セラピーの11のコンピテンシーが開発され、修士レベルで発揮されるようにデザインされています。

 

- 傷害予防
- 急性期介入
- リハビリテーション
- パフォーマンス向上
- 安全で活動的なライフスタイルの推進
- 生涯学習
- プロ意識とマネジメント
- 研究への参加
- ベストプラクティスの普及
- 革新による実践の拡大
- フェアプレーとアンチ・ドーピングの推進

 

以下のリンクをクリックして、コンピテンシー文書の全文をご覧ください。

 

この資料では、各コンピテンシーを構成要素に分解し、詳細に説明しています。

 

詳細については、IFSPT教育委員会委員長の スザンヌ・ガード

 

IFSPTコンピテンシー&スタンダード

国際スポーツ理学療法士の登録

 

ドキュメント

コンピテンシー